『HOSPITALITY』第20号(A4版 130頁/2013.3.31発行)

■会長のご挨拶                       
会長 
山上 徹
■日本ホスピタリティ・マネジメント学会 趣旨  
■論文                                       
ホスピタリティによる企業の活性化と社会人基礎力の養成五十嵐 元一
地域ケイパビリティの共創による制度的空白論へのアプローチ
 -スマートコミュニティ戦略の導入事例からの考察-
藤井 享
インターネット・カジノとSNSゲームにおけるホスピタリティ側面の検討佐々木 一彰
ホスピタリティ産業におけるブランド戦略の会計と管理日向 浩幸
JR改革におけるホスピタリティ・マネジメントの分析 バガダエワ・アネリ
地域鉄道活性化に関する研究-ホスピタリティの観点を踏まえて-那須野 育大
言語によるローカル・ホスピタリティ-案内表示に見る多言語化-内田 真仁
■研究ノート                              
日常の理論とコミュニケーション問題-多様性を前提にした場のマネジメント-大野 富彦
日中両国の国際観光政策の歴史的展開と九州への影響について劉 明
■資料                                 
交通計画研究におけるホスピタリティ手法の導入-四段階推計法の改良について-賈 威
世界観光ガイド協会連盟世界大会に参加して柴田 祐逸
■第5回日本ホスピタリティ・マネジメント学会 学会賞  
■日本ホスピタリティ・マネジメント学会 投稿および執筆規定など  
■研究ノート
  
ソーシャルワークの倫理綱領の構造に関する研究 ~ 倫理をホスピタリティの前提として星野晴彦
メニュー